うえやま眼科

03-3914-3300

文字サイズ

うえやま眼科

日帰り白内障手術

Cataract Operation

白内障Cataract

白内障は、目の水晶体部分が白く濁ってくる病気です。白内障の多くは加齢によるもので、加齢白内障といわれています。

白内障の症状

白内障

白内障の代表的な症状は、視界が全体的にかすむ、視力が低下する、光をまぶしく感じる、暗い時と明るい時で見え方が違う等あります。

加齢白内障は白内障患者の7割以上を占めますが、他にも先天性や外傷性、アトピー、糖尿病など代謝性の病気、薬剤や放射線による白内障もあります。これらは水晶体に含まれるタンパク質が白く濁ったり、硬くなったりすることで起こります。なかには黄色や茶色っぽく濁ったりする場合もあります。これらの変化は個人差はありますが早い場合では40歳代から始まり、加齢とともに増えていきます。

一方、アトピー性の白内障や糖尿病による白内障は、30~40歳代くらいの比較的若年層に発症する事がわかっています。

このほか、妊娠中の母体の風疹感染で生まれつき白内障を発症しているケースや、けがや薬の副作用で白内障を起こすこともあります。

白内障の治療

仕事や生活に支障が出ていない初期の場合は、点眼治療が基本です。ただし、点眼薬を使用しても水晶体が透明に戻るわけではなく、あくまで白内障の進行を抑えることが目的です。

日常生活に支障が出てきた場合、手術が行われます。現在では「水晶体乳化吸引術」が一般的です。この手術は、濁った水晶体を超音波で砕いて取り除き、眼内レンズを挿入するという方法です。

白内障が進行して、核が固くなっている場合は、水晶体の核を丸ごと取り出すこともあります。
また、チン小帯という水晶体の支えが著しく弱い場合は、眼内レンズの挿入は後日行う場合があります。

白内障は、手術を受ければ視力の回復が見込める病気です。ただし、人工的な眼内レンズにピント調節機能はないため、手術後もメガネなどによる視力の矯正が必要な場合があります。

白内障手術とは

白内障

人の目をカメラに例えると、カメラのレンズに相当する働きをするのが水晶体です。この水晶体が濁ってくると、霞んだりぼやけて見えたりするようになります。この水晶体が濁った状態を白内障といいます。

水晶体は袋の様なもの(嚢:のう)に包まれています。白内障手術では嚢の表面(前嚢:ぜんのう)を円形に切り取り、中の水晶体を取り除いたあと、嚢の中に眼内レンズを入れます。当院の白内障手術は日帰り手術です(その日にお帰りになれます)。入院施設はございません。
ご来院からご帰宅までのお時間の目安は3時間程度です。
※手術の進行状況・手術内容によっては、目安のお時間より長くなる場合がございます。

治療案内
MEDICAL

アクセス
ACCESS

〒114-0002
東京都北区王子5丁目1番40号
サミットストア王子桜田通り店2階

ー JR京浜東北線 ー
「東十条」駅 徒歩7分

ー 東京メトロ南北線 ー
「王子神谷」駅 徒歩5分

建物内無料駐車場あり

アクセスMAP